トラブル対処法

スマホチャットレディのリスク|バレる危険性を少なくする対策方法

更新日:

 

 

身バレのリスクを回避する方法

1. 顔出しをしない

チャットレディは顔出しするかしないかを自由に選ぶことができるので、顔出しをしなければ身バレする可能性は0に近くなります。

その場合、プロフィールには首から下だけの写真や、顔半分を隠した写真を載せましょう。

テレビ電話でも顔が映らない角度にしたり、マスクをつけて顔半分を隠したり、バレない工夫はいくらでもできます。

いっそのことテレビ電話をしないで、メールだけメールレディ icon-external-link )や音声通話だけテレフォンレディ icon-external-link )という働き方もできるので、身バレの心配度合いに応じて選びましょう👌

『顔を見せてほしい』とお願いしてくる男性もいるかもしれませんが、丁寧にお断りすれば問題ありませんよ。

 

2. 自分が住んでいる地域の人には顔出しをしない

プロフィール写真は顔が分からないようにしておいて、知り合いがいない地域の男性にだけメールやテレビ電話で顔を見せるという方法です。

例えば実際に住んでいる場所や地元が東京ならば、東京の人には顔出しせずに他の地域の人にだけ顔出しをするということですね。

ただ、女性と同じく、男性会員が本当の住所を設定しているとは限りませんので、100%身バレを防げるというわけではないというのが難点です💧

 

3. 仲良くなった人限定で顔出しをする

こちらも同じくプロフィールには顔が分からない写真を設定しておいて、メールや音声通話で仲良くなって、知り合いじゃないと分かった相手にだけ顔を見せる方法です。

やり取りをしている相手が旦那さんや彼氏さん、友人ならばプロフィールの情報や会話から分かるでしょうから、それを判断できてから顔を見せるようにすればバレることはありませんよね。

「まだちょっと恥ずかしいから、仲良くなったら顔を見せようかな〜」
と男性に伝えておけば、男性の「知りたい!」という気持ちをくすぐることができますし、実際に見せた時も特別感を出すことができるので、長く常連さんになってもらえる可能性も出てきます。

 

顔出しをしても身バレしないようにする方法

普段とメイク方法を変える

普段ナチュラルメイクの人はちょっと濃いめに、普段濃いめの人はナチュラルに。
「えっそれだけ?」と思われるかもしれませんが、メイクのチカラって凄いのでちょっと変えるだけでかなり見た目の印象が変わるんです。

メイクをするだけで整形したかのように顔が変わってしまう、整形メイクなんてのもありますよね。
そこまではしなくても、印象を変えるだけであなただと気づかれる可能性は低くなります。

わたしは普段かなりのナチュラルメイクなので、チャットレディのお仕事をする時は濃いめのメイクをしています。
女友達にチャットレディモードの私の写真を見せても「別人みたい」と言われましたよ(笑)

自分ではあんまり変わってないと思っても、画面越しに、それも男性が見ると誰だか分からないことが多いので、身バレ対策に有効と言えます。

 

普段の髪型と違うウィッグをかぶる

みなさんご存知だと思いますが、ウィッグというのはカツラのことですね。
実はこのウィッグがとても優秀で、髪型や髪色が変わるだけでかなり雰囲気が変わるので、あなただということがかなり分かりづらくなります。

私は最近黒髪ロングから、茶髪のショートカットにしたのですが、それを知らない友人と待ち合わせした時に全く気づいてもらえませんでした(笑)

目の前にいるのに全く分からないということは、画面越しだともっと分かりづらいはずです。

チャットレディの時だけ髪を切ったり染めたりは不可能なので、手軽に変えられるウィッグが有効な手段です。

 

カラコンを付けてイメージを変える

カラコンも雰囲気がガラリと変わる手段のひとつです。
最近では日常的にカラコンやディファインを付けている人が多いですが、それは可愛くなる=イメージが変わるからですよね。

カラコンさえつけていればスッピンでも可愛く見えてしまうことがあるくらい、カラコンは偉大です。
その力を利用して、身バレ対策にも使えます。

  • カラコンを付けたことがない人
    →つける
  • 普段カラコンをつけている人
    →つけないorいつもと違うものをつける

チャットレディの必需品|カラコンは簡単報酬アップの最強アイテム icon-external-link 

 

旦那さんにバレないようにする方法

身バレ対策をきちんとしていればサイトで見つけられてバレることはまずありませんが、万が一疑われた時のために言い訳を考えておいた方が良いでしょう。
突然話を持ち出されたときに焦って認めてしまったら、疑いが確信に変わってしまいます。

私の場合は

「友達に紹介したらポイント入るから登録してとお願いされた。登録したけどやってないよ。」

「メールだけでお小遣いが稼げるって聞いたから登録したんだけど、変なサイトだったからやってないの。消すの忘れてた〜。」

という嘘の言葉を準備してあるのでいつ疑いをかけられても大丈夫です。笑

あなたも、旦那さんや彼氏さんの性格から見て納得してもらえるような言い訳を考えておいた方が、もしものときに安心です。

 

ストーカーの危険性を回避する対策

初心者のうちはあまりないと思おいますが、チャットレディとして人気になってくると、特定の男性に異常に気に入られるということがあります。
そういう人はたくさん稼がせてくれる反面、どうにかしてあなたに会いたいと思うので厄介です。

そんな時にあなたの個人情報が相手に分かってしまえばストーカーになりかねませんので、とっても危険です。
「私は大丈夫」などと油断をせずに、しっかり対策してください。

 

本名を使わない

チャットレディに登録するときは、本当の名前や生年月日を登録して身分証明を出さなくてはいけません。
これは、サイトによって18歳以上や20歳以上、25歳以上というように年齢制限が決まっているので、それを確認するためです。

その情報はもちろん、サイト上に公開されることはありません。
サイトのプロフィールに公開する情報は別に設定することができるので、全く別の名前を使いましょう。

注意して欲しいのは、本名のの一部や普段呼ばれているニックネームを連想させない、ぜんぜん違う名前を使うことです。

もし知人がチャットサイトであなたと似た女の子を見つけたたときに、「似てると思ったけど名前ぜんぜん違うな」と思うからです。

 

住み設定を変える

プロフィールページには、住んでいる場所を設定する項目がありますが、出会い系サイトではないので会うことは禁止されていますから関係ありません。

住みを本当の場所にしていても、そこから住所が分かってしまうことはないですが、相手の男性にとってはあなたの居場所のヒントを与えることになってしまうので、別のところにした方が良いです。

ただ、会話の中で住みが同じという理由で親近感を覚えてメールをしてくれる男性もいつので、全く話ができないような知らないところはやめた方がいいかもしれません。

 

年齢を少し変える

これも上記と同じで、男性がもしあなたの身元を知りたいと思った時に、一つでも真実な情報を与えていない方が好ましいですね。

大幅に変えると不信感を持たれてしまいますから、1歳か2歳ずらして会話にも付いて行けるようにしましょう。

 

画面に特定できるものを写さない

いちばん気をつけて欲しいのは、テレビ電話の場合に、個人情報を特定できそうなものを写さないように気をつけるということです。

私の友人は、宅配で届いた伝票が画面に映ってしまっていて、後日小包が届くというなんとも怖い経験をしてしまいました。

そのようなことは、そんなに起こることではないですがうっかりということがなくはないので、注意してくださいね。

 

チャットレディのリスク対策まとめ

身バレ対策

  1. 顔出しをしない
  2. 地域を限定して顔出し
  3. 仲良くなった人だけ顔出し
  4. メイクを変える
  5. ウィッグをつける
  6. カラコンを入れる
  7. 言い訳を考えておく

 

ストーカー対策

  1. 本名を使わない(ニックネームも)
  2. 住み設定を変える
  3. 年齢を変える
  4. 画面に特定できるものを映さない

 

「チャットレディを始めたいけどリスクが気になって一歩を踏み出せない」という方はこれらの対策をすることによって回避できると分かっていただけたでしょうか?

私は旦那がいて、チャットレディをしていることは内緒にしているので、これらの方法を実践しています。
5年以上お仕事をしていますがバレたことは一度もありませんし、ストーカー被害にあったこともありません。

どうしても気になってしまうかと思いますが、そんなに心配しなくても大丈夫なので、一歩踏み出してみましょう。

-トラブル対処法

Copyright© チャットレディの教科書 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.